スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISAで得したいなら割安株を狙え! 活用法の誤解を解くのご紹介!

NISAで得したいなら割安株を狙え!  活用法の誤解を解くNISAで得したいなら割安株を狙え! 活用法の誤解を解く
前田 昌孝

日本経済新聞出版社 2013-12-07
売り上げランキング : 138904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうしてもNISA関連本は初心者向けが多いので
内容的にぬるい感じが否めませんが初めての株がNISAからなら
一読しておいて良いと思います。

セットで紹介されている手法も割安株投資なので
季節性を間違えなければよい勉強になるんじゃないでしょうか。


■ NISAで得したいなら割安株を狙え! 活用法の誤解を解くの感想・評判



投資信託はそろそろ卒業して「個別銘柄」投資していきましょう。

使いにくい日本版ISA口座「NISA」を個別銘柄購入で活用しようと呼び掛ける書物です。

NISA口座に関しては関連書が多く出て
2014年の経済のひとつの「目玉」とも言える状況かと思われますが、
英国で先行実施されているISAと比較して、投資額の上限が年間100万円までと
定められている点等で利益の享受がし難く使い辛い。

そのせいか巷のNISA紹介・推奨本は「やたらと投資信託購入を勧めるもの」が多い。
そんな風潮に真っ向から反論する著者は「割安な個別銘柄をじっくり長期保有」しなさいと説きます。
調査ではまだ多くの方はNISA口座を開設したものの、様子見の段階で実際の購入はしていないようなので、
ちょうどいいかと思います。

投資信託はNISA口座では購入手数料等のコストも引かれるのでいいでしょうが、
上限100万円の縛りがある以上は「大幅な値上がり」も期待できず、
利益をさして享受できないでしょう。

それにいつまでも「投資信託積立」では、株式投資の勉強・経験が積まれませんよ。
個別株投資に乗り換えていきましょう。個別株式投資でも
十分に投資信託並の分散効果を得ることは可能です。

でも、個別銘柄の選び方が分からない・・・・という方、必見です。



ご購入はこちらから
NISAで得したいなら割安株を狙え!  活用法の誤解を解くNISAで得したいなら割安株を狙え! 活用法の誤解を解く
前田 昌孝

日本経済新聞出版社 2013-12-07
売り上げランキング : 138904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
プロフィール

株・おすすめ本・ベストセラーのご紹介!

Author:株・おすすめ本・ベストセラーのご紹介!
このサイトは株で儲けるために初心者から上級者まで役に立つ本を紹介するブログです。

最新記事
カテゴリ
広告
カウント
タグ

テクニカル 投資手法 入門 初心者 マインド チャート 上級者 マーケットの魔術師 ウォーレン・バフェット バリュー投資 ローソク足 積み立て 投資信託  メンタル 短期売買 スイングトレード 高勝率 成長株投資 逆張り フィボナッチ トレード心理 高勝率トレード 

おすすめ株本ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。