スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本のご紹介!

はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)
竹内 弘樹 尾上 堅視

明日香出版社 2011-12-13
売り上げランキング : 14805

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


投資をはじめてみたいけどまとまったお金や知識に自信の無い方におすすめの
積み立て投資信託の本です。

積立て投資の利点、投資信託の仕組みや選び方、
運用について気を付けたい点が1冊にまとめられています。

老後の備えに投資信託を考えている方にはおすすめの1冊です。


■ はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本の感想・評判



銀行預金を卒業したい方に!

積立て投資、特に投資信託を利用した積立投資についての入門書。

書名に【はじめての】とあるように易しい内容で、
2~3日もあれば読めてしまいます。
積立て投資の利点、投資信託の仕組みや選び方、
運用について気を付けたい点が1冊にまとめられています。

積立投資や投資信託についてよく分からないという方はもちろん、
「銀行預金しているけど、この先不安だから投資を考えている。」
という方にはお薦めの1冊だと思います。



将来のお金の不安を、どのように解消すれば良いか?が分かる本

まず著書のタイトルからの疑問点として
1.積み立て投資とは何か?
2.なぜ積み立て投資をするのか?
が思い浮かぶかもしれない。

1.の積立投資とはは毎月コツコツと投資信託等を一定額買うこと。
 あまり馴染が無いかもしれないが、定期預金や年金も積立投資の一つ。(間接的に国債に投資する積立投資)。
 また積立投資は「何にでもコツコツ取組む日本人」という国民性にに向くとしている。

2.は冒頭でも触れた老後の備えの為。
 著者の試算では年金が支給される65歳時点で、自己資金は2000万円を見ておいた方が良いとの事。
 その為の手段として、スズメの涙位しか金利の付かない預貯金ではなく投資信託を組み合せる事で、
 過去20年間の統計で年率約5%のリターンが得られる方法が本書で学べる。

その方法として、まず何時までにいくら必要なのかという目標設定をして、
その後投資信託等への投資になる。

投資信託は、初級:バランスファンド、中級:インデックスファンド、
上級:ETFを使ったリレー投資を紹介。
そして大事なリバランス。

この辺の詳細は本書を読めば分かるような構成になっている。

既に僕もインデックスの積み立てをしており既知の部分もあったが、
より勉強になる部分も多かった。

将来のお金の備え方を、本書で検討しても良いのではないだろうか。



ご購入はこちらから
はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)
竹内 弘樹 尾上 堅視

明日香出版社 2011-12-13
売り上げランキング : 14805

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
プロフィール

株・おすすめ本・ベストセラーのご紹介!

Author:株・おすすめ本・ベストセラーのご紹介!
このサイトは株で儲けるために初心者から上級者まで役に立つ本を紹介するブログです。

最新記事
カテゴリ
広告
カウント
タグ

テクニカル 投資手法 入門 初心者 マインド チャート 上級者 マーケットの魔術師 ウォーレン・バフェット バリュー投資 ローソク足 積み立て 投資信託  メンタル 短期売買 スイングトレード 高勝率 成長株投資 逆張り フィボナッチ トレード心理 高勝率トレード 

おすすめ株本ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。