スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニールの成長株発掘法のご紹介!

オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)
ウィリアム・J・オニール スペンサー倫亜

パンローリング 2011-04-15
売り上げランキング : 115186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


良書「オニールの成長株発掘法」のご紹介です。

バフェットのバリュー株投資と共に世界で賞賛されている
すぐに結果を出せる企業を見つけ出して会社の成長と共に
株価の値上がりを期待するグロース株の見つけ方が載っています。

■ オニールの成長株発掘法の感想・評判



株式投資の古典の一つ

古典といっても古臭いとか使い物にならないというネガティブの意味ではないです。
むしろ時代の洗礼を受けながらも現在でも色あせずに
生き残っている一つの形だと思います。

日本のテクニカル分析を重視する投資家は華麗な売買を繰り返して利益をあげ
ていくようなスタイルを一概には言えませんが好みがちだといいます。

一方でアメリカはトレンドフォローが正統派のテクニカル
であると考える人が多いようです。

ヘッジファンドの多くがWONDAとよばれる
ウィリアム・オニールの会社のチャート・ソフトウェアを導入して
売買の参考にする程でありアメリカの投資スタイルの王道の一つとして
幅広い層の投資家から受け入れられている投資法です。

CAN-SLIMという投資法が紹介されていますが、
簡単に言えばファンダメンタルや市場動向を総合的に勘案して仕掛ける順張りです。

株式投資における順張りの教科書です。
CAN-SLIMは自分の裁量で総合的に勘案して自分の投資の仕掛けを制限し成長株を一本釣りし
ていくのですが、同じ投資法を知っていたとしても
運用成績はシステム、手法の運用者の裁量によって、

(どの市場を選択するのか?、CAN-SLIMに微妙に合致しそうでしないような
微妙な局面で仕掛けを積極的にするのかしないのか?)
等の自分で考えなければならないところが数多くでてくるため
成績は大きく変わってくるのではないかと思います。

株式投資をする際に、そもそもウィリアム・オニールの手法を
取り入れるか否かは別にして彼の存在と哲学を知らないのは必修科目
を落としているか大事な単位をとっていないようなものです。



ご購入はこちらから
オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)
ウィリアム・J・オニール スペンサー倫亜

パンローリング 2011-04-15
売り上げランキング : 115186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
プロフィール

株・おすすめ本・ベストセラーのご紹介!

Author:株・おすすめ本・ベストセラーのご紹介!
このサイトは株で儲けるために初心者から上級者まで役に立つ本を紹介するブログです。

最新記事
カテゴリ
広告
カウント
タグ

テクニカル 投資手法 入門 初心者 マインド チャート 上級者 マーケットの魔術師 ウォーレン・バフェット バリュー投資 ローソク足 積み立て 投資信託  メンタル 短期売買 スイングトレード 高勝率 成長株投資 逆張り フィボナッチ トレード心理 高勝率トレード 

おすすめ株本ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。